わたしの腰痛体験 

江戸川区小岩にある小岩カイロプラクティック院 院長の宇田川です。話せばとても長いお話ですが・・・。全部ひっくるめて、私(院長)の腰痛の体験です。カイロプラクターになろうと決意したいきさつと、日頃のケアがいかに大事か、これまで自由だった体が不調になるといかに大変かということを少しでも知っていただけたらと思います。
★リハビリの効果
1か月に1回か2回、カイロを受けに新幹線に飛び乗っていた訳ですが・・・。
なぜ、初めから1カ月近く痛みのない生活が送れたのか?

今になって思うと、やっぱり整形外科での運動療法が少しは効いていたように思います。
側弯症と言って、背骨が真後ろから見て左に湾曲していた私。
これは左右の背筋の筋力が全く違うので、強い側の筋肉に背骨が引っ張られて曲がったらしいのですが、それ程くずれていた左右の筋肉のバランスを4カ月もかかって直したわけです。
プロのトレーナーが「今日からは右の●●筋を鍛えますよ」とか言って、ピンポイントにその筋肉を狙って鍛えていくのですよ。
入院4か月後には、実業団のアメフト選手と一緒に筋トレできるスーパーOLと化していた位体幹のマッスルは鍛えられました。
筋肉的には左右のバランスも抜群だったはずです。

でも、痛かった。
筋肉のバランス強制だけでは限界だったんだと思います。

そこにカイロプラクティックの施術を受けた。
ジグソーパズルの最後のピースがピタッと合うように、体の中で何かがはまった気がしました。
身体の左右のパランスがバッチリ合っていた時期にカイロを受けたことが、こんなに効いた理由だったのではないかと今は思います。

当時は「あのおじいさんはゴッドハンドに違いない!」と思っていたんですけどね(^○^)
- : comments (x) : trackback (x)
Nov.2022
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。