わたしの腰痛体験 

江戸川区小岩にある小岩カイロプラクティック院 院長の宇田川です。話せばとても長いお話ですが・・・。全部ひっくるめて、私(院長)の腰痛の体験です。カイロプラクターになろうと決意したいきさつと、日頃のケアがいかに大事か、これまで自由だった体が不調になるといかに大変かということを少しでも知っていただけたらと思います。
★復職後の10日間
保険会社の、保険金お支払という一番末端の仕事をしていた私は、復職後に社長室直下の経営企画部付という身分になりました。
ものすごい会社の中枢への配置転換です。
でも「付」という字が付いているので、仮の配属です。

仕事も全く違うはず。
どんな仕事が待っているんだろう、と思いながらの出社でしたが心配は要らなかった。

復職1日目の仕事は、半年に及ぶ社内メールの整理。
2日目からはやる事もなくなり、「何かありませんか?」とリーダーに声をかけましたが、「とりあえず静かに座っていて下さい」と言われました。
3日目からはエントリーしていた産業カウンセラーの試験に向けて、問題集を持って来て1日中やっていましたが、注意されることもありませんでした。
仕事がない・・・。
この状態が1週間続きましたかね。
おかげ様で産業カウンセラーの問題集を端から端まで2回ずつやりました。
これで受かったようなもんです(笑)
それでも自分のデスクに再び戻れた時はとても嬉しかったのを覚えています。

復職して1週間位経ったある日、突然、法務部への異動が言い渡されました。
いわゆるコンプライアンス室に当たる部署です。
そこの部長だという人が法律の参考書をどっさり抱えて私の机に置いていきました。
「来週から法務部へ本配属になるから、それまで勉強していてくれ。」
私が法律の勉強?? (-“-)
- : comments (x) : trackback (x)
Nov.2022
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。